Windows11に非対応PCのアップグレード

スポンサーリンク

少し古いWindows11非対応のPCを、Windows10からWindows11へアップグレードしたので備忘録を残す。

【注意!】
以下で説明する方法は、マイクロソフト非推奨の方法です。どんな不具合・障害が発生するかわらないので、以下の実施においては自己責任にてお願いします。

経緯

私のWindows10パソコンで、Windows Updateで確認すると、以下表示で、このパソコンはWindows11の要件は満たしていない。

画像01

「PC正常性チェック」アプリで確認する。

画面02

[全ての結果を表示] で確認。

画面03

Windows11の要件はいろいろあるが、このパソコンではCPUのみが古く非対応との事。Windows10で利用してるには十分な速度性能なのであるが、何故か比較的新しい数年前のCPUでも非対応となっており残念である。

そこで、PCチェック結果をスルーして、ダメ元でWindows11にアップグレードしてみる事にする。

Windows11へのアップグレード

Windows11 ISOファイルの入手

下記URLにWindowsパソコンからアクセスし実行。

Windows 11 をダウンロードする

画像05

「Windows11インストールメディアを作成する」の [今すぐダウンロード] をクリックして進めてISOファイルをダウンロードして任意のフォルダに保存する。

画像06

このISOファイルをそのまま実行すると、PCチェックで非対応PCと検出しインストールができない。

PCチェック機能が働かないようにする

入手したISOファイルをダブルクリックして開き、全てを選択して任意のフォルダにコピーする。

画像07

コピーしたフォルダ内の、sources フォルダを開く。

画像08

PCチェックを実行しているプログラム「appraiserres.dll」ファイルを削除する。
これにより、PCチェックをスキップして、Windows11インストール作業を進める事が可能になる。

Windows11アップグレードの開始

上記コピーして作成した、setup.exe を実行する。

画像10

Windows11のインストールが始まる。

画像11

ここで注意するのは、そのまま [次へ] で進めるのではなく、「セットアップでの更新プログラムのダウンロード方法の変更」 を押す。

画像12

ここで、「今は実行しない」をチェックして [次へ] を押して進める。
これをしておかないと、せっかく前記で削除したチェック機能プログラムファイルが、再びダウンロードされてチェック機能が働いてしまいインストールが続行できない。

画像13

暫くするとライセンス条項確認の画面となり [同意する] を押して進める。

画像14

無事に、インストール準備完了画面となり、よければ [インストール] を押して進める。

画像15

上記画面となりインストールが進んでいく。
暫く時間がかかるが更新完了したらWindowsログインし起動する。

画像19

無事に更新完了。(私の環境では完了まで2時間程度かかった)

Windowsバージョンの確認

デフォルトでは、タスクバーが中央になっている。
スタート → 設定 を起動して「バージョン情報」を確認する。

画像20

Windowsの仕様が「Windows 11 Pro 21H2」となっており、無事にアップグレードできた。
今のところ問題なく動作している。ライセンスもアカウント紐付けで引き継がれていた。

補足

  • アップグレード後、10日以内であれば元のWindows10に戻す事ができる。設定 システム > 回復 の [復元] から行える。

関連記事

Windows11非対応PCの 21H2→22H2 バージョンへのアップデート
前の記事で少し古いWindows11非対応のPCを、Windows10からWindows11(21H2)へアップグレードした。そのPCを、Windows11(22H2)に更新したので備忘録を残す。【注意!】以下で説明する方法は、マ...
【Windows11】Windows10からWindows11に手動アップデート
Microsoftは2021年10月5日、Windows 11の公開を開始した。そこで、Windows10のPCから「Windows 11」へ手動でアップデートしたので備忘録を残す。Windows11への対応確認下記URLのWind...
DELLパソコンで「M.2 NVMe」SSDに交換搭載した
DELL「OptiPlex 5040 3200SFF」デスクトップパソコンの中古を入手した。500GBのHDDが搭載されていたが調べてみると、M.2(2280)のスロットもあるので、最近注目の「NVMe SSD」に交換してWindows10...

コメント

タイトルとURLをコピーしました