Dokuwiki 2020-07-29 “Hogfather” へのアップデートでエラー

スポンサーリンク

以前の記事で、Dokuwikiを使えるようにした。

【Ubuntu 20.04/18.04 LTS Server】DokuWikiをインストールし、Markdown記法が使えるようにする
Markdownで書けるWikiを探していた。DokuWikiはプラグインで対応出来るとの事で、使えるようにしたので備忘録を残す。追記(2018/6/2)Ubuntu 18.04 LTS Serverでも動作する事を確認した。...

2020-07-29に新しいバージョンの“Hogfather”安定版が公開されたので、バージョンアップしてみた。すると、私の環境では、「HTTP ERROR 500」となって表示できなくなったので、備忘録を残す。

画像00

バージョンアップ方法

  1. プラグインは、事前に全て最新にしておく。
  2. ダウンロードしたファイルで、上書きインストールするか、「Upgrade Plugin」で更新する。

エラー要因

試行錯誤して調べてみると、markdown書式を扱えるようにする「markdowku Plugin」が、この 2020-07-29″Hogfather” のバージョンにはまだ非対応なようで、そのプラグインを外すと、とりあえず表示はできるようになった。

markdowkuを無効にする

アップデートする前であれば、管理画面から「markdouwku」プラグインを、アンインストールするか無効しておく。

アップデート後であれば、管理画面も開けないので、インストールしたサーバ上の dokuwikiフォルダ下、lib/plugins/markdowku/フォルダ を削除する。

これで、HTTP500 のエラーは解消して、markdown表記以外は表示できるようになった。

その他の対応

Indexmenu Plugin」を利用している場合も注意が必要。一部非対応のようで、管理画面から defer_js フラグをオフにする必要がある。

画像01

これについては、修正予定とのアナウンスが書かれているので、待っていれば、そのうち修正版がでると思われる。

対応

markdown書式が使える他のプラグインを試してみたが、markdowkuと同様に動作するものは見つける事が出来なかった。
markdown書式を利用しないように全部の記事を見直してもよいのだが、量も多く大変である。プラグインもバージョンアップされるかもしれないので、暫く様子をみる事にした。それまで、以前のバージョンに戻して利用していく事にした。

参考

  1. Dokuwikiのアップデート(バージョンアップ)
  2. DokuWikiプラグイン : Indexmenuでサイドバーにツリービュー。エクスプローラー風操作
  3. Ubuntu 20.04にDokuWikiをインストールする

コメント

タイトルとURLをコピーしました