【msys2】pacman -Syu でパッケージデータベース更新ができない対応

スポンサーリンク

以前の記事で紹介した「msys2」を使っている。なぜか最近、いつものようにパッケージを更新しようと「pacman -Syu」を実行しても、うまく終了しなくなった。
なんとか回避できたので、対応について備忘録を残す。

msys2でWindows上でのビルド環境をつくる(msys2のインストール)
GNU makeやコンパイラが動かせる環境を、Windows上にmsys2をインストールしてつくる。Unixのbashライクなコマンドラインが使えるようになるソフトだが、このようなソフトは、他にはCygwinやMinGWなどがある。msy...

状況

Windows10 バージョン2004に更新したのが要因か、通信環境をv6プラス環境に変更したのが要因なのか、よく分からないのだが以下の状況。

$ pacman -Syu
:: パッケージデータベースの同期中...

この状態で、ずっと進まない。とりあえず中断して、rm -f /var/lib/pacman/db.lck でロックファイルを削除し、再度実行しても同じ。

$ pacman-key --init
==> msys2.gpg からキーを追加...
gpg: can't connect to the agent: IPC connect呼び出しに失敗しました

IPC connect に失敗。

何かファイルが壊れたのかと思い、msys2 全てをアンインストールして、再度インストールしてみたが、こんどは最初から下記のようになり、やっぱり更新できない。

$ pacman -Syu
エラー: mingw32: "Alexey Pavlov (Alexpux) <alexpux@gmail.com>" の署名は信頼されていません
エラー: mingw64: "Alexey Pavlov (Alexpux) <alexpux@gmail.com>" の署名は信頼されていません
エラー: msys: "Alexey Pavlov (Alexpux) <alexpux@gmail.com>" の署名は信頼されていません
:: パッケージデータベースの同期中...

msys2のアンインストールやインストールするのに、異常に時間がかかる???(30分〜1時間くらい)。

対応

以下の2つの対応で、OKとなった。

1)アンチウイルスソフトに除外を設定

調べてみると、アンチウイルスソフトも要因との情報があったので、ウイルスバスター(NTTのセキュリティ対策ツール)で、「C:\msys64」フォルダを監視から除外するように設定。

画像10

画像11

画像12

画像13

この対応で、インストールに異常に時間がかかっていたのも解消した。

2)パッケージ取得コマンドを変更

c:/msys64/etc/pacman.conf の設定ファイルを以下のように変更。

19行目あたりの XferCommand のコメント行を有効に(先頭の # を削除)する。

#XferCommand = /usr/bin/wget --passive-ftp -c -O %o %u
 ↓
XferCommand = /usr/bin/wget --passive-ftp -c -O %o %u

画像15

pacmanコマンド実行時に、いろいろメッセージが多く表示されるようになったが、これでDB取得更新 OK となった。

参考

  1. MSYS2 の pacman データベースの更新ができない時の回避方法
  2. Rubyのインストールエラーへの対応
  3. Ruby 2.6.5 and Rails 6.0.2 – Installing on Windows 10
  4. [プログラムの追加と削除] の一覧から手動でプログラムを削除する方法
  5. アンインストールしたのにプログラムのアンインストールまたは変更に残ってしまう場合

コメント

タイトルとURLをコピーしました