msys2でWindows上でのビルド環境をつくる(msys2のインストール)

スポンサーリンク

GNU makeやコンパイラが動かせる環境を、Windows上にmsys2をインストールしてつくる。
Unixのbashライクなコマンドラインが使えるようになるソフトだが、このようなソフトは、他にはCygwinやMinGWなどがある。msys2にはpacmanというパッケージマネージャがあり便利。あと、メンテナンスもよくされているようでお薦め。

msys2インストール

下記URLに、64bit版、32bit版のインストーラがある。自分のWindowsOSに合う方を取得。私は64bit版を入手した。

MSYS2 homepage

msys2_x86_64_*.exe 又は msys2-i686-*.exe を実行しインストールする。
インストール先は、デフォルトの「C:¥msys64」か「C:¥msys32」とする。

初回アップデート

インストールが終わると、ターミナルが開くので、下記コマンドを入力して、アップデートする。ターミナルが開かない場合は、インストール先のmsys2_shell.batを実行し更新する。

$ pacman -Syu
  • 何度かコンソール画面を閉じて再度実行する

開発ツールのインストール

パッケージのインストールは、pacman -S <パッケージ名>でインストールする。

$ pacman -S base-devel
$ pacman -S msys2-devel
$ pacman -S mingw-w64-i686-toolchain
$ pacman -S mingw-w64-i686-gnutls
$ pacman -S mingw-w64-x86_64-toolchain
$ pacman -S mingw-w64-x86_64-gnutls
  • mingw-w64-i686で始まるパッケージは32bit版(mingw32.exe用)で、mingw-w64-x86_64で始まるパッケージは64bit版(mingw64.exe用)なので、片方の環境しか使わない場合は、該当パッケージのみをインストールすればよい。

その他ツールをインストール

mingw32.exe 又は mingw64.exe を実行(以降、この環境で作業していく)

$ pacman -S nano      #(簡易エディター)
$ pacman -S make      #(make をインストール ※重要※)
$ pacman -S openssh   #(openssh をインストール)
$ pacman -S git       #(Git をインストール)
  • Gitを最初に使い始める前には、最低限の情報登録(ユーザ名、メールアドレス)の初期設定が必要。

実行用のショートカットを作る

エクスプローラから「c:¥msys64¥mingw32.exe」又は「c:¥msys64¥mingw64.exe」を 右クリックして、送る→デスクトップ でデスクトップに実行用のショートカットアイコンを作っておくと便利。

日常のアップデート

$ pacman -Syu

※シェルの更新があった場合は、ウィンドウを強制終了を要求される場合があるが、終了させて再度pacman -Syuコマンドを実行する。

msys2のディレクトリ表現

msys2では、/はWindows上ではmsys2がインストールされたフォルダになる。すなわち64bit版の場合はC:¥msys64、32bit版の場合はC:¥msys32を示す。

又、Windows上のC:¥のトップは、msys2では/C/になる。すなわち、Windowsのログイン・ユーザuserのデフォルト・ダウンロードフォルダは、C:¥User¥user¥Downloadなのでmsys2上では/C/User/user/Downloadとなる。

ホームディレクトリ

msys2のホームディレクトリは、/home/<ユーザ名>になる。Windows上では、C:¥msys64¥home¥<ユーザ名>となる。

環境を整える

msys2のターミナルが起動する時に、ホームディレクトリの.bashrcシェルスクリプトが実行される。 このファイルは、デフォルトで作られているが、下記のエイリアス定義をコメントアウトして有効にしておくと便利。

alias ll='ls -l'              # long list
alias la='ls -A'              # all but . and ..
alias l='ls -CF'              #

pacmanの基本的な使い方

msys2では、pacmanというパッケージ管理コマンドが利用できる。基本的なコマンドを下記に示す。

  1. pacman -h でヘルプ。
  2. pacman -S -h で-Sオプションのヘルプ。
  3. pacman -Su でパッケージのアップデート(事前にupdate-coreが必要)。
  4. pacman -Ss [pattern] でパッケージを検索。
  5. pacman -Sl | grep [pattern] でもだいたい分かる。
  6. pacman -S [package] でインストール。
  7. pacman -Rs [package] でアンインストール。
  8. pacman -Sg でパッケージグループの一覧を表示。
  9. pacman -Qqe でインストール済みのパッケージ一覧を表示。
  10. pacman -Si [package] で詳しい情報を表示。
  11. pacman -Sc で使っていないキャッシュを削除。

補足

  • 従来バージョンでは、初回アップデートの最初にupdate-coreコマンド実行が必要だったが、最近のは不要。
「GNU Make 第3版 日本語版(オライリー)」の無料PDF
ソフトウェアのビルドに欠かせないmakeですが、便利な反面機能も豊富。私が読んだ中でお薦めなのが、オライリー「GNU Make 第3版」の本。この本は持ってはいるのですが、分厚い本なので持ち運びも大変で電子版が出たら買いたいと思っていたら...

参考

  1. MSYS2で快適なターミナル生活 – Qiita
  2. 「GCCマルチ開発環境の構築」 Interface誌 2013年11月号 p165~
  3. MSYS2 による gcc 開発環境の構築 ― gcc パッケージ群の導入 — しっぽのさきっちょ | text.Baldanders.info
  4. Pacman | Wikipedia
  5. pacman | archlinux
  6. Arch Linux | wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました