@nifty「v6プラス」サービスに、ヤマハルータNVR510をv6プラス通信で接続エラーの対応

スポンサーリンク

ヤマハのルータ「NVR510」をv6プラス通信しようと入手して試した。GUIから設定して通信しようとしたが “接続されていません” エラーとなった。対応について備忘録を残す。

通信構成

我が家の通信環境は @nifty の「v6プラス」サービスのひかり電話契約付き。

ホームゲートウェイ(HGW)は「NTT PR-S300SE」を使っている。CTU機能を分離してONUに直結できる(下写真)ので、ONUの端子からNVR510のWANコネクタに配線接続。

エラー状況

NVR510の最新バージョンのファームウェアでは、GUIからv6プラスの設定が簡単に出来るようになっている。GUIからv6プラス(IPv4 over IPv6)で設定したら接続エラーとなった。(下画面)

画面01

接続エラーとなってはいるが、IPv6通信はできてる模様。Googleなどのサイトにはアクセスできるが、YahooなどIPv4通信で接続するサイトにはアクセスできない。

ルータのコマンドコンソールからの確認でも、TUNNELインタフェースが機能していない模様。

> show status tunnel 1
TUNNEL[1]: 
Description: 
  Interface type: MAP-E
  Current status is Offline, never connected.

> show nat descriptor address
NAT/IP masquerade compatibility type : 2
Reference Descriptor : 20000, Assigned Interface : TUNNEL[1](1)
Masquerade Table
    Outer address: map-e
    Port range: 60000-64095, 49152-59999, 44096-49151

対応

@niftyのサポートに電話して確認してみたところ、これまでNTTのホームゲートウェイ(HGW)でv6プラス通信を使っていたので、@niftyのIPv6通信契約は「v6プラス」サービスの契約となっている。

HGWを介さずに(ONU直結で)、NTT以外のv6プラス対応ルータでv6プラス通信(IPv4 over IPv6)を行うには「IPv6接続オプション」サービスへの変更が必要との事。
「v6プラス」サービスを解除すると、「IPv6接続オプション」サービスに自動的に切り替わる。

1)「v6プラス」サービスの解除申し込み

@niftyのv6プラス「申し込み状況の確認・解除」のサービスメニューから [サービス解除] を行った。

画像02

「v6プラス」解除受付通知 のメールがすぐに届いた。

2)「v6プラス」サービスの解除完了

2日後くらいに「v6プラス」解除完了通知のメールが届いていた。その状態で試すと、IPv4通信ができるようになった。通信応答はかなり速くなってそう。

ルータのコマンドコンソールからの確認。

> show status tunnel 1
TUNNEL[1]:
説明:
  インタフェースの種類: MAP-E
  IPv6: 240b:253:xxx:yyy:e:d02:4000:a00
  トンネルインタフェースは接続されています
  開始: 2020/05/11 17:12:02
  通信時間: 4時間40分58秒
  受信: (IPv4) 2936798 パケット [3982462355 オクテット]
        (IPv6) 0 パケット [0 オクテット]
  送信: (IPv4) 1708897 パケット [213740704 オクテット]
        (IPv6) 0 パケット [0 オクテット]

> show nat descriptor address
NAT/IPマスカレード 動作タイプ : 2
参照NATディスクリプタ : 20000, 適用インタフェース : TUNNEL[1](1)
Masqueradeテーブル
    外側アドレス: map-e/14.13.x.yy
    ポート範囲: 4256-4271, 8352-8367, 12448-12463,
        (途中略)
             57504-57519, 61600-61615   118 セッション
  -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-    -*-
      No.       内側アドレス    セッション数  ホスト毎制限数         種別
       1       192.168.1.170              21           65534         dynamic
       2       192.168.1.143              21           65534         dynamic
(途中略)
---------------------
有効なNATディスクリプタテーブルが1個ありました

TUNNEL[1]インタフェースで、無事にIPv4通信が動いている。

3)「IPv6接続オプション」サービス確認

@niftyのIPv6接続オプション「申し込み状況の確認・解除」のサービスメニューから、サービス状況の確認ができる。

画像11

「利用中」となった。
尚、IPv6Prefix や 開通日 が空欄のままだが、これで大丈夫らしい。(以前は記入されていたが、仕様が変わって最近は表示されなくなったとの事)

接続確認

下記URLから接続テスト。

IPv4/IPv6接続判定ツール

テスト結果

画像05

無事に、v6プラスで通信OKとなった。

所感

IPv6関連サービスには、似たような言葉がいろいろあって、分かり難く混乱してしまう。
肝心のIPv4の通信速度は、以前のPPPoE接続よりもかなり安定して早くなった。詳しい設定手順などは、後日の下記記事で紹介。

ヤマハルータ「NVR510」で、v6プラス通信(IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6)とひかり電話を使う
以前の記事で紹介したように、これまではNTTのHGW配下にヤマハルータ「RTX1210」を接続してv6プラスインターネット通信していた。今回、メインのルータをヤマハ「NVR510」に変更して、v6プラス通信とひかり電話を1つの機器で行う構...

参考

  1. @nifty IPv6サービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました