【Ubuntu 16.04 LTS Server】ARMのGCCコンパイル環境を構築する

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

ラズベリーパイでベアメタルなソフト開発をしていきたいと思って、ARM用のコンパイル環境をインストールする。
そこで「GNU ARM Embedded Toolchain」のツールチェーンを、Ubuntu 16.04にインストールして使ってみる。

ARMツールチェーンのインストール

$ sudo add-apt-repository ppa:team-gcc-arm-embedded/ppa
(処理完了まで少し時間かかるので待つ)
$ sudo apt update
$ sudo apt install gcc-arm-embedded

インストール完了したら、下記コマンドでコンパイラ実行できるか確認

$ arm-none-eabi-gcc -v

バージョンメッセージを表示したらOK

makeコマンドをインストール

u-bootなどコンパイルするのに、makeが必要なのでビルドツールをインストールする

$ sudo apt install build-essential

参考
1. GNU ARM Embedded Toolchain
2. ARM GCC Toolchain in Ubuntu 16.04

スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする