【Ubuntu 16.04 LTS Server】ARMのGCCコンパイル環境を構築する

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

ラズベリーパイでベアメタルなソフト開発をしていきたいと思って、ARM用のコンパイル環境をインストールする。
そこで「GNU ARM Embedded Toolchain」のツールチェーンを、Ubuntu 16.04にインストールして使ってみる。

追記(2018/05/16)

Ubuntu 18.04 LTS Server」では、本記事のインストールでは動かないので、下記記事の手順で行う。

以前の記事で、「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。 そこで、ARM用のGCCコンパイラをインストールして使...

ARMツールチェーンのインストール

$ sudo add-apt-repository ppa:team-gcc-arm-embedded/ppa
(処理完了まで少し時間かかるので待つ)
$ sudo apt update
$ sudo apt install gcc-arm-embedded

インストール完了したら、下記コマンドでコンパイラ実行できるか確認

$ arm-none-eabi-gcc -v

バージョンメッセージを表示したらOK

makeコマンドをインストール

u-bootなどコンパイルするのに、makeが必要なのでビルドツールをインストールする

$ sudo apt install build-essential
ソフトウェアのビルドに欠かせないmakeですが、便利な反面機能も豊富。 私が読んだ中でお薦めなのが、オライリー「GNU Make 第3版」の...

試しにU-Bootをコンパイル

下記記事を参考に、Raspberry Pi用のU-bootをクロスコンパイルしてみる。

「Raspberry Pi」用に、u-bootをUbuntのLinux上でコンパイルする。ARMツールチェーンなどのコンパイル環境は、下記記...

補足

関連記事

お家サーバ用に、4/21日にリリースされたばかりの、Ubuntu 16.04 (LTS) Serverをインストールしたので、メモを残す。 ...
以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、ARM用のGCCコンパイラをインストールして使えるようにし...

参考

  1. GNU ARM Embedded Toolchain
  2. ARM GCC Toolchain in Ubuntu 16.04
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする