Debian GNU/Linux 4.0(etch) 構築日記【序章】

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

今まで、Debian3.1(Sarge)で、家内用のサーバを構築していたのですが、Debian GNU/Linux 4.0(etch)が2007年4月に安定版としてリリースされたので、再構築することにしました。

【主用途】

  • ファイルサーバ
  • Webサーバ(テスト確認用)
  • LDAPによるユーザ認証
  • Subversion用リポジトリサーバ
  • iTunesサーバ
  • NTPサーバ
  • Linux開発用環境

【Debianを選択した理由】

Debian GNU/Linuxは、世界規模の開発者団体Debian Projectが開発しているLinuxディストリビューションです。(http://www.debian.or.jp/index.html) 数あるディストリビューションの中でもDebianは、次のような特徴があります。
保証された自由たくさんのパッケージと強力なパッケージ管理システム Linux界随一のマルチアーキテクチャサポート長期的視野での将来性 バージョンアップの周期が長い(セキュリティー対応はまめにされてます)

特に、パッケージ管理には優れていて、セキュリティーアップデートや必要なコマンドなどは、1行程度の簡単なコマンド(APTコマンド)を実行するだけでネット経由で実行バイナリを簡単に取得でき、メンテナンスやソフトの追加がとても容易である。又、インターネット上に情報も多く、完全フリーであるという点でDebianを選択しました。

お勧めの参考書

  • 「Debian辞典」 翔泳社 @2,800
  • 「Debian GNU/Liux徹底入門 第3版Sarge対応」 翔泳社 @4,980
  • 「Debian GNU/Linuxでつくる骨太システム」 九天社 @3,360

【サーバマシンのハード構成】

  • マザー ASUS P5L-MX <GREEN>
  • チップセット  Intel 945G
  • CPU  Intel Core 2 Duo E4400, LGA775, 2GHz, 2MB Cash, 800MHz FSB
  • MEM  PC2-5300-512MB × 2
  • DE1 Master  CF(64M) /boot   /dev/hda1
  • Slave CD-ROM    /dev/cdrom
  • SATA ch#0 SATA0 Hitachi HDT7205(250G,SATA2) /dev/sda1,2,5,6
    ch#1 SATA2 Hitachi HDT7205(250G,SATA2) /dev/sda1,2,5,6
  • ソフトRAID1 (250GB×2)で使用
    基本10G            /           /dev/md0
    論理4G スワップ              /dev/md1
    論理10G            /var      /dev/md2
    論理226G(残)     /home   /dev/md3
  • LAN  Intel Pro 1000 (PCIスロットに挿入)
    (10/100/1000BASE-T)  eth0 (e1000)
  • UPS OMRON BN50XS PowerAct_Pro Ver2.00

Debian GNU/Linux 4.0(etch)で、サーバを構築していく際の、手順や注意点などを、私の備忘録として、ここに残していこうと思っています。
皆様の何かの参考にもなれば幸いです。

スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする