【CWTW-Pro】モースル練習ソフトCWTW-Pro Rev3.x ソースコードをGitHubに公開

スポンサーリンク

以前シェアウェアとして公開してたWindows用のモールス符号練習ソフト「CWTW-Pro Rev2.x」を、最新版のC++Builderでビルド出来るように見直した。そのソースコードをオープンソースソフトウェアとしてGitHubに公開し全機能フリーで利用できるようになりました。(下記URL)

jr4qpv/cwtw-pro
CWTW-Pro open source version. Contribute to jr4qpv/cwtw-pro development by creating an account on GitHub.

概要

「CWTW-Pro」はモールス符号練習用のWindowsソフトウェア。
CWTW-Pro Rev2.xの初版は1997年にRev2.00を公開。受信練習機能はフリーで利用でき送信練習機能はシェアウェアの扱いでした。Windows10でもなんとか動作していたので2006年のRev2.56から暫く更新してませんでしたが、2020年1月には送信機能解除キーワードを公開しフリーソフトとして利用して頂けるようにしました。

更に、最新のC++Builderでコンパイルできるように見直したソースコード(Rev3.x)を、オープンソースソフトウェアとしてGitHubに公開し多くの人に活用して頂けたらと思っています。

従来のRev2.xは、C++Builder 5でビルドしてましたが、このRev3.xは「C++Builder Community Edition 10.3」でビルド確認しており個人ユーザは無料で利用できる開発ツール。

CWTW-Pro Rev3.xの特徴

Rev3.xではコンパイラ変更に伴い以下の見直しをしています。

  • プログラム内部の文字コードをUnicodeに変更。
  • 入力ファイルの文字コードは、UTF-8(BOM付推奨)に変更。拡張子は *.txt が基本。
  • モールス練習機能は、Rev2.xの機能をそのまま踏襲。
  • 動作確認OSは、Windows10 Pro (64bit版)。
  • オープンソースソフトウェア。

画像01

サポートサイト

下記の姉妹サイトURLで、ビルド手順や実行方法などの技術情報を逐次提供しています。詳細はそちらをご覧ください。

CWTW-Pro [新石器Wiki]

ビルド済バイナリファイル

コンパイルするのが大変という方は、ビルド済の実行ファイル一式を下記ページからダウンロードでき手軽にお試しできます。

04. CWTW-Pro実行ファイル・ダウンロードページ [新石器Wiki]

電鍵を接続した送信打鍵練習

電鍵キーを、COMポート(RS-232C)に接続した送信練習も可能。詳細は下記記事をご覧ください。

06. CWTW-Proの電鍵を接続した送信練習機能 [新石器Wiki]

画像02

補足

追記(2020/08/23)

別冊CQ ham radio QEX Japan No.36 (2020年9月号)」誌に、この CWTW-Pro Rev3.x の記事が掲載されました。

別冊CQ ham radio No.36に「Windows 用モールス符号練習ソフト“CWTW-Pro Rev3.x”」の記事掲載
「別冊CQ ham radio QEX Japan No.36 (2020年9月号)」誌に、「ソースコードからビルドして動かしてみよう! Windows 用モールス符号練習ソフト“CWTW-Pro Rev3.x”」の記事が掲載されました。...

参考

  1. 「Delphi」「C++Builder」のフル機能を無償で ~“Community Edition”が発表
  2. 平成30年 第32回 初級CW QSO 教室 テキスト – 京都CW愛好会

来歴

  • 2020/02/05 Rev3.00 開発ツールを「C++Builder Community Edition 10.3」に移行し、オープンソースソフトウェアとして公開。

コメント

タイトルとURLをコピーしました