新石器Wiki

近年はシリコン(石)から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など記す。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Home The modern stone age.

サイドバー

記事ナビ


タグ一覧

タグ#
1
18
5
2

作者関連サイト

参考

スポンサーリンク

develop:cwtw-pro:start


CWTW-Pro

「CWTW-Pro」はモールス符号の練習用Windowsソフト。Rev3.xからオープンソースソフトウェアとして公開し全機能フリーで利用できるようになりました。

CWTW-Proに関連する技術情報を、本ページを起点に作成していく。

概要

CWTW-Pro Rev2.xの初版は1997年にRev2.00を公開。受信練習機能はフリーで利用でき送信練習機能はシェアウェアの扱いでした。Windows10でもなんとか動作していたので2006年のRev2.56から暫く更新してませんでしたが、2020年1月には送信機能解除キーワードを公開しフリーソフトとして利用して頂けるようにしました。

更に、最新のC++Builderでコンパイル出来るように見直したソースコード(Rev3.x)を、オープンオースソフトウェアとしてGitHubに公開し多くの人に活用して頂けたら思っています。

従来のRev2.xは、C++Builder 5でビルドしてましたが、このRev3.xは「C++Builder Community Edition 10.3」でビルド確認しており個人ユーザは無料で利用できる開発ツール。

CWTW-Pro Rev3.xの特徴

Rev3.xではコンパイラ変更に伴い以下の見直しをしています。

  • プログラム内部の文字コードをUnicodeに変更。
  • 入力ファイルの文字コードは、UTF-8(BOM付推奨)に変更。拡張子は *.txt が基本。
  • モールス練習機能は、Rev2.xの機能をそのまま踏襲。
  • 動作確認OSは、Windows10 Pro (64bit版)。
  • オープンソースソフトウェア。

Gitリポジトリ

GitHubの下記URLでソース一式を公開。

https://github.com/jr4qpv/cwtw-pro.git

Gitリポジトリの取得

CWTW-Proのプロジェクト取得」記事を参照し、プログラムソース一式を取得。

  • Git操作するGUIクライアントソフトは「SourceTree」がお勧め。

ビルド環境

無料で使える「C++Builder Community Edition」統合開発環境でビルド実行。インストール方法などは「C++Builder (RAD Studio)」記事参照。

ビルド実行

CWTW-Proのビルド手順」記事を参照し、プロジェクトをコンパイルし実行ファイルを生成する。

実行ファイルの配布

CWTW-Proリリース用実行ファイルの集約」記事の手順で、プログラム実行に必要なファイルを C:\CTWT-Pro\ に集める。このフォルダをZIP圧縮するなどして配布する。インストーラは不要で、この配布したZIPファイルを C:\CTWT-Pro\ に展開して実行する。

ビルド済バイナリファイル

コンパイルするのが大変という方は、ビルド済の実行ァイル一式を下記ページからダウンロードできる。

CWTW-Pro実行ファイル・ダウンロードページ

ライセンスについて

本プログラムは、オープンソースソフトウェアで「MITライセンス」に準じます。同梱の License.txt ファイルを参照ください。

免責

作者または著作権者は、契約行為、不法行為、またはそれ以外であろうと、ソフトウェアに起因または関連し、あるいはソフトウェアの使用またはその他の扱いによって生じる一切の請求、損害、その他の義務について何らの責任も負わないものとします。

関連リンク

来歴

  • 2020/02/05 Rev3.00 開発ツールを「C++Builder Community Edition 10.3」に移行し、オープンソースソフトウェアとして公開。
develop/cwtw-pro/start.txt · 最終更新: 2020/02/11 10:32 by yoko