新石器Wiki

近年はシリコン(石)から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など記す。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


スポンサーリンク

サイドバー

Home The modern stone age.

サイドバー

記事ナビ


作者関連サイト

参考

music:code-memo

コード理論メモ

ピアノ弾き語り練習を始めて、コードについて調べたメモを残す。

音名

「ドレミ…」は元々はイタリア語での発音。あとドイツ語もあるが省略。

音名 備考
ドレミファソラシ イタリア語
CDEF GAB 英語
ハニホヘ トイロ 日本語

コード(和音)

3和音

「triad(トライアド)」とも呼ばれる。

記号 読み方 構成 備考
major,△ メジャー長3度+短3度 基本形
m マイナー短3度+長3度 真ん中の音を一個左へ半音下げる
aug,#5,+5オーグメント長3度+長3度右の音を半音上にずらす
dim,m♭5,m-5マイナーフラットファイブ短3度+短3度mの右の音を半音下にずらす
sus4 サスフオー,Suspended 4th 真ん中の音を一個右に半音上げる
  • 長3度はその鍵盤を含んで5つ分
  • 短3度はその鍵盤を含んで4つ分
  • 1度の音程とはその鍵盤の事

4和音

記号 読み方 構成 備考
7 セブン 長3度+短3度+第7音
=長3和音+短7度
ルートの全音下の音を右に持っていき追加
m7 マイナーセブン 短3度+長3度+第7音
=短3和音+短7度
ルートの全音下の音を右に持っていき追加
M7 メジャーセブン 長3度+短3度+第7音
=長3和音+長7度
ルートの半音下の音を右に持っていき追加
dim7 ディミニッシュ・セブン 短3度+短3度+第7音
=減3和音+減7度
mの右の音を半音下と全音上に分裂
m7♭5 ハーフ・ディミニッシュ dim7の右の音を半音上げる
m7の第5音を半音下げる
6 シックス 右の音の全音上の音を追加
add9 アドナイン ベースの全音上の音を加える

スケール(音階)

メジャースケール

長音階(Major Scale)

1234567
 全全半全全全半

マイナースケール

短調では通常「自然短音階」を基本として考えるが、実際の音楽作品では「和声短音階」が多い。又、変化は調号ではなく臨時記号で表す。

自然短音階(Natural Minor Scale)

1234567
 全半全全半全全

和声短音階(Harmonic Minor Scale)

自然短音階から7番目を#

123456   7
 全半全全半増2度半

旋律短音階(Melodic Minor Scale)

自然短音階から6番目と7番目を#

1234567
 全半全全全全半

ダイアトニックコードスケール

メジャーダイアトニックコード

Cメジャーの例

三和音

C  Dm Em F  G  Am Bm-5
Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ  Ⅴ Ⅵ Ⅶ
T      S  D        ・・・主要三和音
   S T       T  D
  • Ⅰ(C) Ⅳ(F) Ⅴ(G)を主要三和音とよび、その他を副三和音と呼ぶ。
  • Ⅴ(G)の和音は通常は“7thコード”を使う。(Cメジャーの例では、G7)
  • Ⅰ(C)は主和音と呼ばれ調のリーダ、どのコードへも進行できる。
  • Ⅳ(F)はⅠ(C)へもⅤ(D)へも進行できる。
  • Ⅴ(G)はⅠ(C) or Ⅵ(Am)のみに進行する。(「ドミナントモーション」と言う)
  • Ⅱ(Dm)は必ずⅤ(G)へ進行する。(「ツーファイブ」と呼ぶ)

四和音

CM7  Dm7  Em7  FM7  G7    Am7   Bm7♭5

マイナーダイアトニックコード

Cマイナーの例

ナチュラルマイナー 三和音

Cm  Dm♭5  E♭  Fm  Gm  A♭  B♭

ハーモニックマイナー 三和音

Cm  Dm♭5  E♭aug  Fm  G  A♭  Bm♭5

メロディックマイナー 三和音

Cm  Dm♭5  E♭aug  F  G  Am♭5  Bm♭5

ナチュラルマイナー 四和音

Cm7  Dm7♭5  E♭M7  Fm7  Gm7  A♭M7  B♭7
T      S      T     S     D    T      D
  • ○m7 ○m7♭5 ○M7 ○m7 ○m7 ○M7 ○7

ハーモニックマイナー 四和音

CmM7  Dm7♭5  E♭M7+5  Fm7  G7  A♭M7  Bdim
T       S      T       S    D    S      D
  • ○mM7 ○m7♭5 ○M7+5 ○m7 ○7 ○M7 ○dim

メロディックマイナー 四和音

CmM7  Dm7  E♭M7  F7  G7  Am7♭5  Bm7♭5
T      S    T     S   D    T        D
  • ○mM7 ○m7 ○M7+5 ○7 ○7 ○m7♭5 ○m7♭5

コード進行

第1カデンツ:T-D-T

Ex)C G C,
  C G Am, Am G C, Am G Am

第2カデンツ:T-S-D-T

Ex)C F G C,
  C Dm G C, C Dm G Am, Am F G C

第3カデンツ:T-S-T

「アーメン終止符」と呼ばれる。

Ⅰ(Ⅳ)ーⅣーⅠ のパターンのみ
Ex)C F C, Am F C

連用

トニック、サブトニックのコードを続ける使い方を「連用」と呼ぶ。

Ex)C Am F Dm G C
  T  S

  • トニックの連用では<Ⅰ→Ⅵ>の進行は○、<Ⅵ→Ⅰ>の進行は×
    Ex)C→Amは○、Am→Cは×
  • サブドミナントの連用では<Ⅳ→Ⅱ>の進行は○、<Ⅱ→Ⅳ>の進行は×
    Ex)F→Dmは○、Dm→Fは×

ドミナントの可能性

VとⅦを結合させた「V7」で、ドミナントがパワーアップ。
Vの代わりにV7thがよく使われる。

Ex)G + Bm-5 → G7

単語・用語

  • diminish:減らす、縮小する
  • augment:増加させる、増大する
  • suspend:つるす、つり上げる
  • Tonic:主音、安定(=Tと表記)
  • Sub Dominant:発展する、やや不安定(=Sと表記)
  • Dominant:支配する、不安定(=Dと表記)
  • 導音:第7音のこと。主音に導く音。
  • ボイシング:コード(和音)の構成音の並べ方

参考

music/code-memo.txt · 最終更新: 2017/08/24 21:35 by yoko
スポンサーリンク