ヤマハルータ「NVR500」をIPv6プラスで使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

ヤマハのルータ「NVR500」を購入。
届いた翌日に後継機の「NVR510」の発表があって(^^;)、タイミングが悪かったですが、発売は少し先のようで、気を取り直して設定開始。

VNR500写真

今までの私の家の通信環境は@niftyのIPv6プラスで、下記の3台のルータで構成していた。

  1. NTTから支給のPR-S300SE・・・光電話アダプタ+IPv6接続用
  2. IO-DATA WN-AC1600DGR3・・・IPv4 PPPoE接続用、DDNS自動登録、HTTP,SSHなどの公開ポート静的IPマスカレード
  3. Buffalo BHR-4GRV2・・・DHCPサーバ、PPTP VPNサーバ、上記1. 2. 間のルータ

NTTのルータに下記の機能がなかったので、上記の複雑な構成になってた。

  • DHCPサーバに、MacアドレスでIP固定できない。
  • DHCPサーバに、任意のゲートウェイIPやDNSサーバIPを配布できない。
  • DDNSサービスに自動登録できない

いろいろ調べてみると、YAMAHAの「NVR500」1台で、下記の全ての機能が実現できそうなので購入。

  • 光電話アダプタ
  • IPv6 PPoE接続
  • IPv4 PPPoE接続
  • DDNS自動登録
  • HTTP, SSHなどのポート公開
  • DHCPサーバ
  • LAN内DNSサーバ

NTT PR-S300SEは、CTUとONUが一体になってるが、内部では分離されてるようで、下記写真のようにフタを開けた所のLANコネクタを外し、そこからLANケーブルでNVR500のWANポートへ接続。

すなわち、PR-S300SEのCTUルータ機能は使わず、ONU機能だけを使い、光電話・インターネット接続など全てをNVR500に担当して貰う。

早速、Web管理画面から設定。

  1. IPv6 IPoE接続の設定
  2. IPv4 PPPoE接続の設定

この二つを行って、無事に光電話とインターネット接続できる事を確認した。

Web設定管理画面の応答の早さにビックリ!!
インターネットの通信応答の早さとスムースさにビックリ!!
流石、業務用でよく使われているルータ。
ルータで、こんなにインターネットの表示速度が変わるとは思いませんでした。このNVR500には、ほんとビックリさせられる事ばかり。

いろいろと回り道しましたが、もっと、早くにこのルータにしておけばよかったです。 数百ページもあるマニュアルを眺めてみると、できない事が無いくらい色々な事ができそう。

また詳しい設定などは、別記事でも紹介していきます。

【2017/4/5追記】

2016年9月にリリースされた、macOS SierraとiOS 10では、PPTPによるVPN接続ができなくなっています。下記記事参照。

次期バージョンのmacOS,iOSからは、PPTPによるVPN接続が、非サポートになるよう。 今のiOS9でも、PPTP設定すると”VPNは...

NVR500はVPN接続はPPTPのみなので(2017/4/5現在)、macOSやiPhoneで外部からVPN接続したい場合は、ヤマハのルータではRTXシリーズやNVR510以降のルータを使った方がよい。下記記事参照。

この9月に新しくリリースされたアップルのiOS10とmacOSでは、PPTPのVPN接続が廃止された(過去記事)。 これまで我が家ではヤマハ...
昨年9月に発売された、ヤマハルータNVR510はファームバージョンアップで、L2TP/IPsecに対応されてるようです。やっぱり、macOS...
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする

コメント

  1. N より:

    v6プラスではIPv6とともにプライベートアドレスのIPv4が使えると思うのですが、このIPv4は使っていないという理解で正しいでしょうか。

  2. jr4qpv より:

    >Nさん
    コメントありがとうございます。
    そうですね。その理解で正しいです。
    v6プラスのIPv4では、一部のポートが制限されていますが、この方法ですと全てのポートが利用できます。