【Windows10/WSL2 Ubuntu 20.04 LTS】Emacsを使う

スポンサーリンク

以前の記事で、Windows10のWSL2で「Ubuntu 20.04 LTS」が使えるようにした。そこで、Emacsエディターも動くようにしたので備忘録を残す。

【Windows10】WSL2(Windows Subsystem for Linux Version2)で「Ubuntu 20.04 LTS」を使う
前の記事で、Windwos10 バージョン2004 をインストールした。この、Windwos10 バージョン2004 からは、WSL2(Windows Subsystem for Linux Version2)が正式に利用できるようになった...

WSL2とはいえ基本的にはLinuxなので、以前、Ubuntu Serverで「Emacs」を動かした時の手順と同じ。

【Ubuntu 20.04/18.04 LTS Server】Emacsを使う
Ubuntu 18.04 LTS Server では、Emacsは標準のaptパッケージからインストールできるようになった。2020/07/12追記「Ubuntu 20.04 LTS Server」でも同様に利用できる事を確認し...

Emacsをインストール

Ubuntu 20.04では、標準aptからEmcas2はインストールできるので、下記コマンドのみでインストール。

$ sudo apt install emacs

Emacsの起動

下記コマンドでEmacsが起動する事を確認。

$ emacs --version
GNU Emacs 26.3
Copyright (C) 2019 Free Software Foundation, Inc.
GNU Emacs comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You may redistribute copies of GNU Emacs
under the terms of the GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file named COPYING.

Emacsのバージョンは「26.3」となっている。

Emacs初期設定ファイル

初期設定ファイル(~/.emacs.d/init.el)は、関連記事を参考。
私は、Emacsの設定ファイル類はGitリポジトリ管理しWindows,macOS,Linuxで共用している。それらのファイルをGitHubに登録公開しているので、下記コマンドでそれを取得して使う。

$ git clone https://github.com/jr4qpv/dot.emacs.d.git ~/.emacs.d
【Emacs 25-27】初期設定ファイル(~/.emacs.d/)をGitHubに公開
これまで紹介してきた、私の使ってるEmacsの初期設定ファイル「~/.emacs.d/」をGitHub(下記URL)に公開した。macOS, Windows, Linuxで共用。Emacsの初期状態ではお世辞にも使い勝手がいいとは言...

cmigemoをインストール

ローマ字のまま日本語検索できるように、下記コマンドでcmigemoをインストール。

$ sudo apt install cmigemo
【Emacs/Ubuntu 16.04 LTS Server】migemoを有効にし、ローマ字のまま日本語検索する
前記事で、Emacs(macOS)での migemo の設定ついて紹介しが、Utuntu 16.04 Serverでも使えるようにしたので備忘録を残す。migemo はローマ字のまま日本語を検索するためのツール。cmigemoをUbu...

agコマンドをインストール

agの高速検索が使えると何かと便利なので、下記コマンドでインストール。

$ sudo apt install silversearcher-ag
高速検索「ag」コマンドを使う
grepコマンドみたいな感じで、高速に動作する「ag」コマンドを使えるようにしたので、備忘録を残す。1.macOSHomebrewで下記コマンドでインストール$ brew install ag2.msys2(Windows...

起動画面

Emacsエディターを起動した画面例。

$ emacs sample.c

画面1

  • C-x C-c」キーで終了。

Emacsを常駐して高速化する

初期設定ファイルが多いと起動に多少時間がかかる。そこで初回起動時にEmacsを常駐しておくと起動が速くできる。
ログイン時に常駐する設定とEmacs起動用alias設定を、上で紹介した初期設定ファイルの中に含めているので、下記設定を ~/.bashrc に追加。

# Emacs setting
if [ -f ~/.emacs.d/etc/linux/emacs_env.sh ] ; then
  source ~/.emacs.d/etc/linux/emacs_env.sh
fi
【Ubuntu 18.04/16.04 LTS Server】Emacsをログイン時に常駐させ、emacsclientでEmacs起動を高速化
Emacsはお世辞にも起動時間は早いとは言えない。特に、init-loaderを使って初期設定ファイルを機能分割してファイル数が増えてきたりすると見通しは良くなる一方で、起動時間は遅くなる。そこでEmacsのdaemon機能を利用して改...

所感

WSL2上のUbuntuでもemacsが無事に動いた。なかなか快適に動くので感心する。次はGUI版のEmacsも、そのうちチャレンジしていきたい。(下記記事)

【Windows10/WSL2 Ubuntu 20.04 LTS】X Serverアプリを実行する(Emacs GUI版を試す)
以前の記事で、Windows10のWSL2で Ubuntu 20.04 LTS が使えるようにした。そこで、「X Server」ソフトをインストールし、Xアプリの実行を試したので備忘録を残す。X410のインストールWindows...

関連記事

【Emacs 25-27】macOS, Windows, Ubuntuで共通なエディター環境を構築(まとめ)
macOS, Windows(msys2), Ubuntu-Server/Desktopで共通操作性のエディターを目指して、「Emacs」環境を構築してきた。私も実際に使ってきて実用的になってきた。本サイトでも断片的に紹介してきたのをまと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました