別のWordPressをインストールしサブディレクトリとして表示

スポンサーリンク

以前の記事で、UbuntuサーバでWordPressを使えるようにした。

【Ubuntu 18.04/16.04 LTS Server】WordPressサーバをインストール
LAMP環境(Linux + Apache + MySQL + PHP)が揃ったので、WordPress(ブログサーバ)を使えるようにする。尚、LAMP環境のインストールについては、関連記事を参照。Ubuntu 16.04では、Word...

WordPressにはサブサイトを扱う機能もあるが制約もあるようなので、今回は、もう一つの別のWordPressをインストールしてサブフォルダサイト(Ex. https://[サイトURL]/subsite)として独立に使えるようにしたので備忘録を残す。

WordPressを別フォルダにインストール

前回の記事を参考に、WordPress本体を「/var/www/subsite」フォルダにインストール。

又、MySQLデータベースも「subsite」を作成。

Apacheの設定

下記の/etc/apache2/sites-available/011-subsite.confファイルを作成。

Alias /subsite /var/www/subsite
<Directory /var/www/subsite>
    Options FollowSymLinks
    AllowOverride All

    Order Allow,Deny
    Allow from all
</Directory>

設定ファイルを有効にし、Apacheを再起動。

$ sudo a2ensite 011-subsite
$ sudo service apache2 restart

WordPressの初期設定

Webブラウザから下記URLのようにアクセスし設定。

https://[サイトURL]/subsite/wp-admin/install.php

サイト名、ユーザ名、パスワード、メールアドレスなどを入力。

.htaccessファイルの修正

サブサイトのアクセスがリダイレクトされるように、wordpressをインストールしたフォルダの .htaccessファイルを下記のように修正。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /subsite/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /subsite/index.php [L]
</IfModule>

RewriteBaseRewriteRuleの項目に、subsiteを記述。

補足

  • 上記手順で同様に、3つめ以降のWordPressをインストールしても使える。
  • 本サイトでは「https://www.yokoweb.net/nspfan/」で実際に運用。

参考

  1. WordPressを複数インストールしたが、2つ目の下層ページが表示されない
  2. WordPressのマルチサイト機能で複数のブログを管理する

コメント

タイトルとURLをコピーしました