軽量スクリプト言語「Lua」をインストールして使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

Luaは軽量な組み込み用スクリプト言語で、動作の高速性や優れた移植性などの特徴がある。また、ゲーム記述言語としドラクエなどの製品に採用されたり、ヤマハのルータにも搭載されている。

組み込みを意識して、C言語からLuaスクリプトを呼び出したり、LuaからC関数を呼び出したりできる。
今回、組み込みボードに移植するのに調べ始めた。まずは、パソコンにインストールして試してみる。

インストール

msys2/Windowsにインストール

$ pacman -S mingw-w64-i686-lua
$ pacman -S mingw-w64-x86_64-lua

起動確認

$ lua -v

macOSにインストール

$ brew install lua@5.3

起動確認

$ lua5.3 -v

Ubuntu 16.04 Linuxにインストール

$ sudo apt install lua5.3

起動確認

$ lua5.3 -v

テストスクリプトを動かす

下記の、「test.lua」スクリプトファイルを作成。

-- Test program
for i=1, 10, 1 do
   print (i .. ": Hello world!")
end

作成したスクリプトファイルを実行。(macOSでの例)

$ lua5.3 test.lua
1: Hello world!
2: Hello world!
3: Hello world!
4: Hello world!
5: Hello world!
6: Hello world!
7: Hello world!
8: Hello world!
9: Hello world!
10: Hello world!

補足

  • macOSやlinuxで、lua5.3でなくluaコマンドで実行したい場合は、aliasを定義する。

関連記事

参考

  1. Lua公式サイト
  2. Lua -Wikipedia
  3. Luaの日本語ページ
  4. プログラミング言語Luaの紹介
  5. Lua 5.3 リファレンスマニュアル
  6. Luaプログラミング入門
  7. お気楽 Lua プログラミング超入門
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする