新石器Wiki

近年はシリコン(石)から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など記す。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


スポンサーリンク

サイドバー

Home The modern stone age.

サイドバー

記事ナビ


作者関連サイト

参考

software:windows:autohotkey

AutoHotKey

キー操作をカスタマイズするWindows用ソフト。Windows10でも動作したので備忘録を残す。

WinFM2008のカーソル移動のキー操作をEmacsライクにするのに導入。
尚、CtrlとCapsキーの入れ替えはRemapkeyを使って行っている。

インストール

下記URLよりインストーラを入手し実行。

https://www.autohotkey.com/download/

Scriptファイルの作成

デスクトップなど(任意のフォルダでOK)で右クリックし、「新規作成(X)」→「AutoHotKey Script」をクリックするとテキストファイルが立ち上がる。これに適当な名前を付け、拡張子を「.ahk」にしてデスクトップに保存。

下記のように入力。

emacs.ahk
^h::send, {BS}
^p::send, {Up}
^n::send, {Down}
^f::send, {Right}
^b::send, {Left}
^m::send, {Enter}

Scriptの実行

作成したテキストファイルをダブルクリックすると実行できる。WinFM2008ソフトを立ち上げて、Emacsカーソルが実現されたか確認する。

適用ソフトの限定

上記の設定だと全てのソフトで有効になるので、WinFM2008のみに適用するようにScriptファイルを修正。

custum.ahk
#If WInActive("ahk_exe WinFMx64.exe")
^h::send, {BS}
^p::send, {Up}
^n::send, {Down}
^f::send, {Right}
^b::send, {Left}
^m::send, {Enter}
#IfWInActive

Window毎にキー設定を変えるには

下記のように、WinActive を使う

#If WInActive("ahk_class Notepad")
...

指定を解除するには

#IfWInActive

指定出来るクラス名などの情報を調べるには AutoHotkeyのタスクトレイアイコンを右クリックし「Window spy」を使って調べる。

Scriptの自動起動

PCを起動したとき自動スタートするには「スタートアップ」に、このScriptファイルのショートカットを登録する。

  1. 作成したScriptファイルを右クリックし、[送る] > [デスクトップ(ショートカットを作成)] しショートカットを作成。
  2. スタートメニューを右クリックし、[ファイル名を指定して実行] 下記を実行し、「shell:startup」を実行。
  3. スタートアップが開くので、作成したショートカットをドロップしてコピー。

補足

  • AutoHotKeyを使えば,ソフトにかかわらずキーアサインを自在に変更できる。なので、Word/ExcelでもWebブラウザでもEmacsライクなカーソル移動ができて快適。ただ、元々定義されていたキー機能は動かなくなるので注意する必要がある。

所感

今回、WinFM2008のキー操作をカスタマイズしたくて使ったが、素晴らしい!! ヘルプをみると色んな応用ができそう。今後活用していきたい。素晴らしいソフトを提供して下さっている作者に感謝。

関連記事

参考

software/windows/autohotkey.txt · 最終更新: 2017/08/24 21:29 by yoko
スポンサーリンク