新石器Wiki

近年はシリコン(石)から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など記す。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Home The modern stone age.

サイドバー

記事ナビ


タグ一覧

タグ#
1
18
5
2

作者関連サイト

参考

スポンサーリンク

programing:cpp_builder:cpp_builder-unicode


C++Builder Unicode対応

C++Builderの RAD Studio 2009 バージョン以降で、完全にUnicodeをサポートして内部の文字列の扱いが変更になっている。特に、それ以前のバージョン(私の場合は C++Builder 5)のソースを動かそうとした場合に、色々と留意する点があるので備忘録を残す。

文字列の扱い変更対応

UnicodeString型が追加され、従来の String型,Char型,PChar型の定義が以下のように変更されている。(参考1.資料参照)

意味 備考
String UnicodeString型でtypedef UTF-16文字列
Char wchar_tでtypedef UTF-16文字
PChar wchar_t *でtypedef

準備

ソースファイルは全て UTF-8 のBOM付きに変換して保存しておく。

文字列及び文字の型移行

従来のAnsiStringchar型も引き続き使えるが、将来の事も考えて以下のようにソースを修正。

移行前 移行後 備考
AnsiString String あえてUnicodeStringにしない
char Char
char * PChar

文字列定数及び文字定数の修正

文字列と文字定数の前には、以下のように L 文字を付加する。

String str = L"文字列";
Char c = L'あ';

C標準関数の修正

fopenなどのC標準関数は、char型を要求しているのでコンパイルエラーとなる。以下のように、_wを付加した関数名に変更する。

String fname = L"test.txt";
 
fp = fopen(fname.c_str(), "rt");
      ↓
fp = _wfopen(fname.c_str(), L"rt");

その他対応の関数名は「マップ関数」ヘルプページを参照し下記のように変更。

移行前 移行後 リンク 備考
fgetc fgetwc fgetc,fgetwc 終了時は WEOF が戻る
sprintf swprintf sprintf,swprintf
toupper towupper toupper,_mbctoupper,towupper
tolower towlower tolower,_mbctolower,towlower

その他注意点

添え字番号の開始は1

String型の文字列は文字配列のようにアクセスできるが、添え字の開始番号は 0 でなくて 1〜 なので注意。(0でアクセスすると例外トラップ)

String text = L"あいうえお";
Char c = text[1];         /* 'あ'が取り出される */

所感

最初は「かなり思い切った仕様変更だな」と戸惑ったが、ソース修正は必要だが上記要領で案外スムーズに動いた。

参考

programing/cpp_builder/cpp_builder-unicode.txt · 最終更新: 2020/01/31 21:29 by yoko