新石器Wiki

近年はシリコン(石)から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など記す。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Home The modern stone age.

サイドバー

記事ナビ


タグ一覧

タグ#
1
18
7
2

作者関連サイト

参考

スポンサーリンク

programing:linux-programing:file-splitpath-parse


パス文字列からディレクトリ名やファイル名を取得

Linuxでパス文字列からディレクトリ名やファイル名を分割取得するのに、各要素を解析取得する関数を作ったので備忘録を残す。

概要

Windowsでは、ファイルパスを分割するのに VC++では _splitpath(), Borland C++では splitpath() などの便利な関数が用意されている。
Linuxではディレクトリ名やファイル名を取得する dirname()basename() 関数が使えるが、どうも所望の結果が得られなかったり、引数のパス領域が書き換えられたりする。そこで、文字列からファイル名要素を抽出する関数を作成。

この関数の特徴は、入力した文字列を解析して各要素の開始ポインタ位置を戻す。又、戻り値でどの要素が存在してるかを知ることができる。入力した文字列は参照のみで非破壊なので、不要なコピー領域をmallocなどで確保しておかなくても必要な要素のみを抽出できる。

ファイル要素解析関数

以下にプログラムコードを示す。

_parsepath.h
/**
 * @file   _parsepath.h
 * @brief  Parse a file elements from a string function header.
 * @author T.Yokobayashi de JR4QPV
 * @date   2020/06/28
 */
#ifndef ___PARSEPATH_H__
#define ___PARSEPATH_H__
 
/**** Constant define ****/
#define	SZ_PATH_MAX       (256)
 
#define	FLG_EXTENSION     (1)
#define	FLG_FILENAME      (2)
#define	FLG_DIRNAME       (4)
#define	FLG_BASENAME      (8)
#define	FLG_WILDCARDS     (0x10)
#define	FLG_ABSPATH       (0x20)
 
/**** Interface define ****/
#ifdef __cplusplus
extern "C" {
#endif
 
/* ----- _parsepath.c ----- */
extern int _parsepath(const char *path, char **dirpos, char **basepos, char **extpos);
 
#ifdef __cplusplus
}
#endif
#endif /* ___PARSEPATH_H__ */
 
/**
 *----------------------------------------------------------------------------
 * @file   _parsepath.h
 * History
 * -------
 * - 2020/06/28	New created by JR4QPV.
 */
_parsepath.c
/**
 * @file   _parsepath.c
 * @brief  Parse a file elements from a string.
 * @author T.Yokobayashi de JR4QPV
 * @date   2020/07/01
 */
 
#include <string.h>			/* for strlen,strrchr */
#include "_parsepath.h"
 
/**
 *****************************************************************************
 * @brief  パス文字列からファイル名要素の位置取得
 * @param  path    パス文字列
 * @param  dirpos  ディレクり名要素開始位置の格納先(NULL時は格納しない)
 * @param  basepos ベース名要素開始位置の格納先(NULL時は格納しない)
 * @param  extpos  拡張子名要素開始位置の格納先(NULL時は格納しない)
 * @return 解析結果 =0:ファイル要素なし, ≠0:ファイル要素あり(要素フラグ)\n
 *         (FLG_DIRNAME|FLG_BASENAME|FLG_FILENAME|FLG_EXTENSION| \n
 *          FLG_WILDCARDS|FLG_ABSPATH)
 * @details
 *  - pathの文字長が不正の時は「0」を返す。
 *  - ベース名要素には、ファイル名要素と拡張子要素が含まれる。
 *  - pathの内容は変更しない非破壊で、各要素の開始位置のポインタを返す。\n
 *    各要素は、解析結果のポインタ位置から抽出する。
 *  - 各要素は以下で抽出できる。\n
 *     ディレクトリ名:*dirpos ~ *basepos (通常は'/'で終わる)\n
 *     ベース名:      *basepos 以降 \n
 *     ファイル名:    *basepos ~ *extpos \n
 *     拡張子:        *extpos 以降 ('.'で始まる)
 *
 * @note
 *  - "."と".."はディレクトリ名に判断し、この時は'/'で終わらない。
 * @attention
 *  - マルチバイト文字には非対応。(UTF-8ならたぶん大丈夫)
 *****************************************************************************
*/
int _parsepath(const char *path, char **dirpos, char **basepos, char **extpos)
{
	int n, flg;
	char *p, *dname, *bname, *ename;
 
	n = strlen(path);
	if ((n <= 0) || (n >= SZ_PATH_MAX))
		return 0;							/* 文字列長が不正 */
 
	dname = bname = (char*)path;
	ename = (char*)&path[n];
	flg = 0;
 
	/* ディレクトリ名の有無チェック */
	if ((p = strrchr(path, '/')) != NULL) {
		/* dirname要素あり */
		bname = p+1;
		flg |= FLG_DIRNAME;
 
		/* 絶対パス名かチェック */
		if (dname[0] == '/')				/* '/'で始まるか ? */
			flg |= FLG_ABSPATH;
	}
	else if ((strcmp(dname, ".") == 0) || (strcmp(dname, "..") == 0)) {
		/* dirname要素あり */
		n = strlen(dname);
		bname = &dname[n];
		flg |= FLG_DIRNAME;
	}
 
	/* ベース名の有無チェック */
	n = strlen(bname);
	if (n > 0) {
		/* basename要素あり */
		flg |= FLG_BASENAME;
 
		/* 拡張子の有無チェック */
		if ((p = strrchr(bname, '.')) != NULL) {
			/* ext要素あり */
			ename = p;
			flg |= FLG_EXTENSION;
 
			/* ファイル名の有無チェック */
			if (bname != ename)
				flg |= FLG_FILENAME;
		}
 
		/* ワイルドカードの有無チェック */
		p = bname;
		while (*p != '\0') {
			if ((*p == '*') || (*p == '?')) {
				flg |= FLG_WILDCARDS;		/* ワイルドカード文字を含む */
				break;
			}
			p++;
		}
	}
 
	/* チェック結果の格納 */
	if (dirpos != NULL) *dirpos = dname;	/* ディレクトリ名開始位置 */
	if (basepos != NULL) *basepos = bname;	/* ベース名開始位置 */
	if (extpos != NULL) *extpos = ename;	/* 拡張子開始位置 */
 
	return flg;
}
 
/**
 *----------------------------------------------------------------------------
 * @file   _parsepath.c
 * History
 * -------
 * - 2020/06/28	New created by JR4QPV.
 */

使い方

上記関数を使ったサンプルプログラム。

ディレクトリ名とベース名を取得

sample1.c
#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include "_parsepath.h"
 
int main(int argc, char *argv[])
{
  char *inpath = "/home/user/test.txt";
  char *dname, *bname;
  char dir[SZ_PATH_MAX], base[SZ_PATH_MAX];
  int flg;
 
  if (argc > 1)
    inpath = argv[1];
 
  flg = _parsepath(inpath, &dname, &bname, NULL);
  if (flg & FLG_DIRNAME) {             /* dirname要素あり ? */
    int n = bname - dname;             /* dir文字数(最後の'/'含む) */
    strncpy(dir, dname, n);
    dir[n] = '\0';
  }
  else {                               /* dirname要素なし */
    strcpy(dir, "");
  }
 
  if (flg & FLG_BASENAME) {            /* basename要素あり ? */
    strcpy(base, bname);
  }
  else {                               /* basename要素なし */
    strcpy(base, "");
  }
 
  printf("dir=%s, base=%s\n", dir, base);   /* "/home/user/", "test.txt" */
 
  return 0;
}

コンパイル実行

上の3つのソースファイルを任意のフォルダにダウンロードし、コンパイル&実行してみる。

$ gcc sample1.c _parsepath.c -o sample
 
$ ./sample
dir=/home/user/, base=test.txt
 
$ ./sample /aaa/bbb.ccc
dir=/aaa/, base=bbb.ccc
  • カレントディレクトリのプログラムファイルを実行するには、「./」を付ける必要がある。

GitHubから入手

上記のソースファイルを「GitHub」に登録しているので、任意フォルダで下記コマンドでファイル一式を取得できる。

$ git clone https://github.com/jr4qpv/parsepath

関連記事

参考

programing/linux-programing/file-splitpath-parse.txt · 最終更新: 2020/07/01 10:48 by yoko