新石器Wiki

近年はシリコン(石)から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など記す。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


スポンサーリンク

サイドバー

Home The modern stone age.

サイドバー

記事ナビ


作者関連サイト

参考

software:msys2:msys2-cygpath

【msys2】cygpath:パス表記をWindows/UNIX形式に変換する

cygpathコマンドは、Windows形式のパス表記とUNIX(msys)形式のパス表記を相互に変換するためのmsys2専用コマンド。
又、重要なWindowsシステムディレクトリの位置を、Windows形式あるいはUNIX形式のいずれかで取得することもできる。

書式1

$ cygpath (-d|-m|-u|-w|-t 種類) [-c ハンドル] [-f ファイル名] [オプション] パス名

書式2

$ cygpath [-ADHPSW] [-d|-m|-u-w]

出力形式の変換を行う際は、msys2のマウント情報に従ってディレクトリの読み替えを行う。なお、cygpathコマンドは指定したファイルが存在するか否かの確認はせず、与えられたファイル名やパスをオプションにしたがって変換するだけ。

主なオプション

出力タイプのオプション

オプション 説明
-d, --dos パス名をDOS(短縮)形式で表示(C:¥PROGRA~1)する
-m, --mixed --windowsオプションに似ているが、「¥」の代わりに「/」を使用する(C:/WINNT
-u, --unix パス名をUNIX形式(/c/WINNT)で表示する(デフォルトの動作)
-w, --windows パス名をWindows形式で表示する(C:¥WINNT
-t, --type 形式パス名を指定された形式(dos/mixed/unix/windows)で表示する

パス変換のオプション

オプション 説明 備考
-a, --absolute 絶対パスで出力する
-l, --long-name パス名をWindowsの長い形式で表示する -w,-mオプションとだけ併用可能
-p, --path パス名を、たとえば/bin:/usr/binのような「パスのリスト」として扱う
-s, --short-nameパス名をDOS(短縮)形式で表示する -w,-mオプションとだけ併用可能

システム情報オプション

オプション 説明
-D, --desktop Desktopディレクトリの表示
-O, -- mydocs My Documentsディレクトリの表示
-S, --sysdir システムディレクトリの表示
-W, --windir Windowsディレクトリの表示

その他のオプション

オプション 説明
-h, --help 使い方(ヘルプ)を表示
-V, --version バージョン情報を表示

実行例

UNIX形式に変換

$ cygpath -u "C:\work\t-kernel"
/c/work/t-kernel

Windows形式に変換

$ cygpath -w "/c/work/t-kernel"
C:\work\t-kernel

Windowsディレクトリの表示

$ cygpath -W
/c/Windows

makefileの中で利用

$BD変数をUNIX形式に変換

BD := $(shell /usr/bin/cygpath -u $(BD))

シェルスクリプトで利用

$BD変数をUNIX形式に変換

BD=`cygpath -u $(BD)`

バージョン情報表示

$ cygpath --version
cygpath (cygwin) 2.7.0
Path Conversion Utility
Copyright (C) 1998 - 2017 Cygwin Authors
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

ヘルプ表示

$ cygpath --help
Usage: cygpath (-d|-m|-u|-w|-t TYPE) [-f FILE] [OPTION]... NAME...
       cygpath [-c HANDLE]
       cygpath [-ADHOPSW]
       cygpath [-F ID]

Convert Unix and Windows format paths, or output system path information

Output type options:

  -d, --dos             print DOS (short) form of NAMEs (C:\PROGRA~1\)
  -m, --mixed           like --windows, but with regular slashes (C:/WINNT)
  -M, --mode            report on mode of file (binmode or textmode)
  -u, --unix            (default) print Unix form of NAMEs (/cygdrive/c/winnt)
  -w, --windows         print Windows form of NAMEs (C:\WINNT)
  -t, --type TYPE       print TYPE form: 'dos', 'mixed', 'unix', or 'windows'

Path conversion options:

  -a, --absolute        output absolute path
  -l, --long-name       print Windows long form of NAMEs (with -w, -m only)
  -p, --path            NAME is a PATH list (i.e., '/bin:/usr/bin')
  -U, --proc-cygdrive   Emit /proc/cygdrive path instead of cygdrive prefix
                        when converting Windows path to UNIX path.
  -s, --short-name      print DOS (short) form of NAMEs (with -w, -m only)
  -C, --codepage CP     print DOS, Windows, or mixed pathname in Windows
                        codepage CP.  CP can be a numeric codepage identifier,
                        or one of the reserved words ANSI, OEM, or UTF8.
                        If this option is missing, cygpath defaults to the
                        character set defined by the current locale.

System information:

  -A, --allusers        use `All Users' instead of current user for -D, -O, -P
  -D, --desktop         output `Desktop' directory and exit
  -H, --homeroot        output `Profiles' directory (home root) and exit
  -O, --mydocs          output `My Documents' directory and exit
  -P, --smprograms      output Start Menu `Programs' directory and exit
  -S, --sysdir          output system directory and exit
  -W, --windir          output `Windows' directory and exit
  -F, --folder ID       output special folder with numeric ID and exit

Other options:

  -f, --file FILE       read FILE for input; use - to read from STDIN
  -o, --option          read options from FILE as well (for use with --file)
  -c, --close HANDLE    close HANDLE (for use in captured process)
  -i, --ignore          ignore missing argument
  -h, --help            output usage information and exit
  -V, --version         output version information and exit

参考

software/msys2/msys2-cygpath.txt · 最終更新: 2017/07/23 16:54 by yoko
スポンサーリンク