新石器Wiki

近年はシリコン(石)から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など記す。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Home The modern stone age.

サイドバー

記事ナビ


タグ一覧

タグ#
1
18

作者関連サイト

参考

スポンサーリンク

devtool:jtag:jlink:jlink-software


J-Link Softwareインストール

e2studio(ルネサス)からの利用には、本ソフトのインストールは必要ないが、便利なツールが揃っているのでインストールする。又、基板との簡単な接続確認にも利用できる。

確認動作環境

  • Windows10(64bit)

インストール

SEEGER社の下記URLから「J-Link Software and Documentation Pack」インストールファイルを入手しインストール。

J-Link Commanderは、J-Linkをコマンドラインから接続するツール。基板との基本的なJTAG通信ができるかどうかの確認にも利用できる。

スタートメニュー > SEEGER > J-Link Commander の起動

SEGGER J-Link Commander V6.14h (Compiled May 10 2017 18:23:19)
DLL version V6.14h, compiled May 10 2017 18:22:45

Connecting to J-Link via USB...O.K.
Firmware: J-Link Ultra V4 compiled Apr 21 2017 11:33:00
Hardware version: V4.00
S/N: 504400683
License(s): RDI, FlashBP, FlashDL, JFlash, GDB
VTref = 3.290V


Type "connect" to establish a target connection, '?' for help
J-Link>connect
Please specify device / core. <Default>: R7S910018_R4F
Type '?' for selection dialog
Device>
Please specify target interface:
  J) JTAG (Default)
  S) SWD
TIF>
Device position in JTAG chain (IRPre,DRPre) <Default>: -1,-1 => Auto-detect
JTAGConf>
Specify target interface speed [kHz]. <Default>: 4000 kHz
Speed>
Device "R7S910018_R4F" selected.


TotalIRLen = 4, IRPrint = 0x01
TotalIRLen = 4, IRPrint = 0x01
ARM AP[0]: 0x44770001, AHB-AP
ARM AP[1]: 0x24770002, APB-AP
ROMTbl 0 [0]: 00001003, CID: B105900D, PID:04-003BB907 ETB
ROMTbl 0 [1]: 00002003, CID: B105900D, PID:04-003BB906 ECT / CTI
ROMTbl 0 [2]: 00003003, CID: B105900D, PID:04-004BB912 TPIU
ROMTbl 0 [3]: 00004003, CID: B105900D, PID:04-001BB908 CSTF
ROMTbl 0 [4]: 00005003, CID: B105900D, PID:04-002BB913 ITM
ROMTbl 0 [5]: 00006003, CID: B105900D, PID:04-002BB914 SWO
ROMTbl 0 [7]: 00008003, CID: B105900D, PID:04-008BBC14 Cortex-R4
Found Cortex-R4 r1p4
8 code breakpoints, 8 data breakpoints
Debug architecture ARMv7.0
Data endian: little
Main ID register: 0x411FC144
I-Cache L1: 8 KB, 64 Sets, 32 Bytes/Line, 4-Way
D-Cache L1: 8 KB, 64 Sets, 32 Bytes/Line, 4-Way
TCM Type register: 0x00010001
MPU Type register: 0x00000C00
System control register:
  Instruction endian: little
  Level-1 instruction cache disabled
  Level-1 data cache disabled
  MPU disabled
  Branch prediction enabled
Found 1 JTAG device, Total IRLen = 4:
 #0 Id: 0x4BA00477, IRLen: 04, IRPrint: 0x1, CoreSight JTAG-DP (ARM)
Cortex-R4 identified.
J-Link>mem 100,10
00000100 = 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
J-Link>exit

J-Memによるメモリ内容表示

J-Memにより、ターゲット基板のメモリ内容の表示確認ができる。

スタートメニュー > SEEGER > J-Mem の起動

起動後、ターゲットCPUの種類を選択する。

j-mem-01.jpg

devtool/jtag/jlink/jlink-software.txt · 最終更新: 2019/10/25 12:04 by yoko