新石器Wiki

近年はシリコン(石)から進化した便利なもので溢れる時代。そんな気になった事や試した事など記す。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

Home The modern stone age.

サイドバー

記事ナビ


タグ一覧

タグ#
1
2

作者関連サイト

参考

スポンサーリンク

develop:yt-kernel:start


yt-kernel

本サイトでは、Tronフォーラムで公開のリアルタイムOS T-Kernel をポーティングした「yt-kernel」を公開してしている。
yt-kernelに関連する技術情報を、本ページを起点に作成していく。

FIXME 【工事中】コンパイル手順や実行方法などを順次掲載していく予定です。

概要

Tronフォーラム(http://www.tron.org/ja/)で下記公開のオープンソース T-Kernel2.0 & Extensyon(T2EX) からポーティングしたリアルタイムOS。

  1. T-Kernel 2.02.00 Software Package
    - 2015/06/08 18:35 396,299 tkernel_source.tar.gz
  2. T-Kernel 2.0 Extension(T2EX 2.01.00)
    - 2015/06/09 13:16 419,593 t2ex_source.tar.gz
    - 2015/03/25 17:12 1,219,629 bsd_source.tar.gz

以前、Raspberry Pi用に公開した「rpi_t-kernel」の構成を見直し、RTOS(T-Kernel)部分のみを分離し独立させ保守性を向上。 更に、ルネサスのRZ/T1マイコン用のコードも同梱。

本プロジェクトを直接修正して利用する事もできるが、アプリプロジェクト内にGitサブモジュール機能でサブディレクトリとして登録して使う事を想定。

T-Kernelに一緒にリンクして動かすサンプルアプリは同梱して動くようにしてある(T2EXの簡易シェル)。 又、別プロジェクトで動かすサンプルアプリも公開していく。

T2EXについて

T-Kernel 2.0 Extension (T2EX) は、T-Kernel にネットワーク機能などを追加する拡張モジュール。

本プロジェクトには、参考にT2EXのコードも同梱しているが、現状ではT2EXの機能は殆ど利用してない。(簡易シェルのコードはサンプルとして利用)

  • t2ex用のビルドフォルダも残っているが、メンテナンスしていない。

起動画面

Raspberry-Pi 2で起動した時の画面はこんな感じ。

オープニングメッセージが表示されT-Kernel起動。この例では、外部アプリの実行コードが認識できないので、サンプルアプリ(簡易シェル)の入力待ちとなっている。

Gitリポジトリ

下記、GitHubで公開。

https://github.com/jr4qpv/yt-kernel.git

プロジェクトのファイル&フォルダ説明

フォルダ名 説明 備考
README.md 説明ファイル Markdownで記述
TEF000-218-150401.pdf ライセンス規約 T-License2.1
yt-kernel_distmark.png T-Kernelディストリビューションucode
tkernel_source/ T-Kenelソース本体フォルダ ポーティングしたもの
doc/ 関連ドキュメントフォルダ
_misc/ その他
.cproject e2 Studio用 RZ/T1
.project e2 Studio用 RZ/T1
.setting/ e2 Studio用 RZ/T1
*.launch e2 Studioデバック用 RZ/T1
*.jlink e2 Studio J-Linkデバック用 RZ/T1

ビルド環境

yt-kernelのビルド環境」記事参照。

ライセンス

T-License2.1に従う。同梱ファイル TEF000-218-150401.pdf を参照。

関連記事

補足

  • 以前の「rpi_t-kernel」は凍結してこれ以上の更新は行いません。今後は、この「yt-kernel」に移行し更新していきます。

参考

履歴

  • 2019/09/28 r0.60公開開始
develop/yt-kernel/start.txt · 最終更新: 2019/10/18 09:39 by yoko